So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 [邦画]

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」見てきました。
予告編やCMを見てこれは見よう!って思ってたので早速行ってきました。
けどCMとかやってる割には、上映している映画館がホント少ないんですね
都内でさえ渋谷の1館、自分の住んでる千葉では2館でしかやってないなんて…。

キャストは佐藤江梨子佐津川愛美永瀬正敏永作博美などです。
内容は、山間部のかなりの田舎(北陸らしい)が舞台です。
ある日、猫を助けようとして交通事故に遭い、突然父と母が同時に亡くなってしまった。
その葬式に出るため女優を目指し上京していた和合澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに実家へ帰って来た。
その和合家には長男の宍道(永瀬正敏)、その妻の待子(永作博美)、澄伽の妹の清深(佐津川愛美)が住んでいる。
宍道は父の後妻(母)の連れ子なので、澄伽、清深とは血が繋がってはいないというビミョーな家庭環境であった。

傲慢な性格で自信過剰な澄伽は、4年前に女優になることを決意し上京して仕送りをしてもらうことを父に相談したのだが、猛反対にあってしまう。
それでも女優を諦め切れない澄伽は、自分で上京資金を貯めるため、クラスメイトを相手に売春まで始めてしまう。
そんな姉の姿を目撃した清深は、姉の姿を題材にホラー漫画を書き雑誌へ投稿したところ、それがなんと新人賞受賞作としてホラー漫画雑誌に大々的に掲載されてしまった。
小さな村なのでその話はすぐに村中に知れ渡り、澄伽は村に居づらくなり逃げるように上京した過去があったのだ。

そういった過去もあり、帰郷した澄伽は清深のことを深く恨んでいて、
自分の傲慢な性格のせいで、女優業も全くパッとしていないことを清深のせいだと思いこみ「あんたが変な漫画描いてあたしをさらし者にしたせいで、演技に集中できなくなったのよ。あんたのせいよ。」(CMでも流れているセリフです)
しばらくは4人の生活が始まるのだが、澄伽はことある度に清深のことをいたぶり続けるのであった。。。
みたいな感じです。

この家族は、澄伽は人一倍変わってますが、他の家族もそれぞれにどこか弱点を持った人ばかりなんです。
けど実際にも弱点の無い人なんていませんよね。
そんな弱いところを持った人達のビミョーな共同生活が面白く描かれてます。

佐藤江梨子さんはかなりこの役にハマってましたね
自己中で、傲慢で、自意識過剰で…見てるとこんな女がいたらホントむかつくな
みたいな気持ちになるんですが、話が進むにつれ不思議とだんだん可愛らしく感じてしまいました。
なぜだろう??
佐津川愛美ちゃんも良かったですね。
気弱でネクラだけど、なにかたくらんでる…みたいな感じが伝わってきました。
永瀬正敏さんはさすがな感じです。
安定感があるというか間違い無い感じですね、カッコイイし。
なかでも特に気になったのは、永作博美さんでした
ちょっと変わり者で、いつでも笑顔を絶やさない。
そんな妻の待子役にバッチリでした。

妹をイジメたり、妻への暴力があったりと、テーマとしては決して明るくない内容なんですが、コメディっぽいというか、そんなイヤな気分にはならず、楽しく見れました。
ここまで極端じゃなくても、どこの家庭でも多少は問題を抱えてるんだろうし、いろいろなことを考えさせられました。
話のテンポも良かったし、なかなか楽しい映画でした

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ オリジナル・サウンド・トラック

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ オリジナル・サウンド・トラック

  • アーティスト: 鈴木惣一郎
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2007/06/15
  • メディア: CD

 


2007-07-12 08:52  nice!(1)  コメント(82)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「図鑑に載ってない虫」 [邦画]

図鑑に載ってない虫

図鑑に載ってない虫

  • 作者: 三木 聡
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

ちょうどヒマな時間があったので、映画でも見ようと思って調べていたら、「図鑑に載ってない虫」が近くの映画館でやってました。
他の映画で見た予告編を思い出し、いろいろな人が出てるし見たいな~って思ってたのを思い出し、早速見てきました。

お客は30人くらいでしたが、自分も含め1人で見に来てる人が半分以上いて驚きました
しかもほとんどが女性のお客でした。
チョット変わった映画だし、デートとかには向かないのかな?
ヒトリストの自分にとっては心強かったです

監督・原作・脚本は「イン・ザ・プール」「亀は意外と速く泳ぐ」三木聡
ドラマの「時効警察」もそうですね。

キャストは
伊勢谷友介松尾スズキ菊池凛子水野美紀
他にもいろいろな俳優さんが出てます。

ストーリーは、まぁあって無いようなものですが、簡単に書くと
「月刊 黒い話」のフリーライターとして働いている俺(伊勢谷友介)は、美人編集長(水野美紀)から、1回死んで死後の世界をレポートするように!と???な依頼を強引にされる。
そのために”死にモドキ”なるものを使うと死んでも生き返れるのだとか?と聞かされる。
同じ依頼をカメラマンの真島(松重豊)にしたが、消息が不明になっているという。
そんなとんでもない依頼であるが、俺は受けることに…

俺はアル中の友人エンドー(松尾スズキ)を強引に仲間にし、とりあえず手がかりでもある、カメラマンの真島を探すことにする。
捜索を続ける2人は、元SM嬢のサヨコ(菊池凛子)や、ヤクザの目玉のオヤジ(岩松了)、その弟子チョロリ(ふせえり)らと合流し、”死にモドキ”を探していく。。。
みたいな感じです。

ストーリーはさておき、とにかくゆる~~い世界です
”脱力系”っていうみたいですが、ゆっくりまったり話はすすみます。
「イン・ザ・プール」「時効警察」は見ていたので、だいたいキャストも同じ感じだし、雰囲気も似たような感じです。
「時効警察」とか見て、つまらないって思う人には向かないですね。
自分はマッタリしたダラダラ感は、けっこう好きです
話のいろいろなところに小ネタが散りばめられてます。
話に関係無いお店の看板とかも笑えます。

出演している俳優さん達は、それぞれにインパクトのある演技で良かったんですが、特に自分が興味を引いたのは松尾スズキさんですね。
なんなんでしょ?あのダメダメ感。ステキです
「イン・ザ・プール」の時もですが、いつもあんな変な雰囲気なんでしょうか?
舞台とかは見たこと無いのでわからないんですが、あのダメっぷりには興味深々です。

たまにはこんなマッタリした映画もいいですね♪♪


2007-07-07 09:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「キサラギ」 [邦画]

キサラギ オフィシャル・ムック

キサラギ オフィシャル・ムック

  • 作者: ランダムハウス講談社編集部
  • 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 大型本

「キサラギ」見てきました。
いろいろと評判はいいのに、上映している映画館が少ないんですね~。
ちょうど1日で”映画の日”だったのか?キサラギの人気なのか?
館内は満員でした。

キャストは、小栗旬ユースケ・サンタマリア小出恵介
塚地武雅(ドランク・ドラゴン)香川照之とかなり多彩です。

内容はあらすじがそのままネタバレになってしまうので、ごく簡単に書くと、
C級?アキバ系?な清純派アイドル”如月ミキ”が自殺をして一年後。
ファンサイトのHPのを通じて知り合った5人が、如月ミキ一周忌追悼会を開くことに。
集まった5人はHPの管理人の家元(小栗旬)オダユージ(ユースケ・サンタマリア)
スネーク(小出恵介)安男(塚地武雅)イチゴ娘(香川照之)
集った5人は如月ミキの思い出話や自慢話で盛りあがっていたのだが、自殺ではないのでは?という話になり、男達のそれぞれの情報を元に死の真相を推理しはじめる。。。
みたいな感じです。

映画のほとんどが、追悼会が開かれているアパートの室内だけで話がすすんでいきます。
なので、もろに俳優さんの演技力にかかっているんですが、出ているみんながかなりイイ味出してて、コメディーっぽくもあり、サスペンスっぽくもあり、見ていて飽きません。
かなり笑えました
セリフの掛け合いや、ビミョーな間、これは邦画じゃないと出せないイイ感じです。
まあ自分が英語がわからないだけかもしれないですけど
謎が謎を呼ぶし、展開も意外だし、かなり面白かったです


2007-07-02 00:25  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」 [洋画・その他]

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/05/23
  • メディア: CD

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」ようやく見てきました

公開からしばらく経つのに、映画館はけっこう人が入っていましたね。

1作目、2作目とも映画館で見たのですが、特に2作目は完全に3の予告編のような内容だったので、意地でも見ようと思ってたんです。

ストーリ的なものは多くの方がすでに書いてあるので、あえて書く必要はないですね。

 2作目を映画館で見て以来だったけど、内容はだいたいわかるだろうって思っていたんですが、多くの登場人物の設定が2作目からそのまんま繋がっていて、なおかつ複雑なので、忘れていることが多く、前半はホント???でした

忘れてしまっている箇所が多かったせいか、内容もわからないし、チョット話がダラダラしててかなり眠くなってしまいました。

しかし物語も後半になると、展開も速くなってようやく盛り上がりましたね

2作目を見た人はDVDで復習を、見てない人は予習必須ですよ

 キャスティングも、ジョニー・デップオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイの3人はシリーズを通じていい感じだったですね。

今回はチョウ・ユンファキース・リチャーズなんかも出てました。

特にチョウ・ユンファは渋くて好きな俳優なんですが、思ったほど登場時間が短かったのでチョット残念な感じがしました

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが出てるのはビックリでした

しかもジャックの父親役で。けど1作目で初めてジャック・スパロウの姿を見たときに、“もろキースじゃん”って思った人は多かったんじゃないでしょうか?だから出演することになったのかな?

ところでこの映画の主役って誰なんでしょう?

1作目では、たぶんオーランド・ブルームだと思うんですが、その時のジョニー・デップの存在感が大きく、人気もあって、2作目では完全にジョニー・デップがメインっぽかったですよね。

今作もそれならジョニー・デップ?かと思うと、出てない時間が長かったような… まぁそんなことを気にしてちゃいけないのかな?単純に娯楽作品として楽しまなきゃダメですね

とはいえ3時間もの超大作なのに、自分は見る前に飲み物をガブガブ飲んでしまったため、中盤からはトイレに行きたくて行きたくて…。

とりあえず、なんとか我慢できたんですが、エンドロールが始まったらもう限界で席を立ってしまいました。

後で知ったんですがエンドロールの後に重要なシーンがあるとか?ないとか?

どうりで3時間も座ってたのに、他のお客さんは全く席を立たなかったんですね。

くそ~っ!!見そびれた後で見た人に聞かねば。


2007-06-25 23:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ダイ・ハード4.0」 [洋画・その他]

ダイ・ハード4.0 (出演 ブルース・ウィリス)

ダイ・ハード4.0 (出演 ブルース・ウィリス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

”あの男、再起動。”
「ダイ・ハード4.0」見てきました
通常は6/30(土)公開なんですが、今日は先行上映ということもあり1週間早く見れました。
最近はこのパターンで先行上映するものが多いですね。

ストーリーを簡単に書くと
全米の交通、通信、水道など全てを監視するシステムに何者かがハッキングをしかけてきた。
その時は何も起きなかったのだが、FBI本部に設置されているサイバー犯罪部はFBIのブラックリストに載っているハッカーを全員捜査することにした。
ジョン・マクレーン警部補(ブルース・ウィルス)はニュージャージー州に住むマットという青年ハッカーの身柄を確保し、ワシントンDCのFBI本部まで連行するという任務を受ける。
マットのもとに行ったマクレーンだったが、マットの部屋に入ると、そこで謎の集団に襲撃を受けてしまう。
なんとかその場を切り抜けたマクレーンとマットがFBI本部に着くと、交通網、通信網がハッキングによりマヒし、街中は大パニックになっていた…
こんな感じでしょうか。

とにかくすごい迫力なんです!
話の展開や、映像のスピード感がたまらなくいいです。
今回もジョン・マクレーン大活躍です。
シリーズ4作目ですが、一番良かったかも?
3作目からは12年も経ってるんですね、ちょっと驚きです。
歳を取ってイイ味が出てるのかな、苦しいなかでも必死に頑張ってるマクレーンを見てると、オヤジ頑張れ!って感じで見守ってしまいます。

サイバーテロ集団によって、全米中が危機に陥ってしまうんですが、よく考えてみると世の中のほとんどのものがコンピューターで管理されているものばかりなんですね。
近い将来こんなサイバーテロが起きてもおかしくないんじゃないか?とか思ってちょっと怖くなってしまいました。

見終わった後の爽快感もあるし、とても面白かったです。
これは映画館で見たほうがいいですね。

ちなみに自分が見に行ったシネコン(シネプレックス)では、タンクトップを着て見に行けば一般300円、小人200円割り引きになるらしいです。
他の映画館でもやってるのかな?


2007-06-23 23:38  nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「舞妓Haaaan!!!」 [邦画]

舞妓Haaaan!!!オフィシャル・ブック一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック

舞妓Haaaan!!!オフィシャル・ブック一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本テレビ放送網
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本

「舞妓Haaaan!!!」見ました。
宮藤官九郎(クドカン)脚本の作品が好きでだいたい見てます。
「GO」「ピンポン」「アイデン&ティティ」「ゼブラーマン」
「真夜中の弥次さん喜多さん」「木更津キャッツアイ」
等と面白いの多いですね♪
監督は「花田少年史」水田伸生
キャストは阿部サダヲ堤真一柴崎コウ小出早織など多数で多彩です。

ストーリーはザッとですが、東京の食品会社で働いている鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、高校の修学旅行で京都に行った時に偶然見かけた”舞妓ハン”に心を奪われ、それ以来、自分で舞妓のホームページを立ち上げる程の熱狂的な舞妓ファンになっていた。
そんな公彦は念願叶って京都支社に転勤になり初の”お茶屋デビュー”をするつもりだったのだが、お茶屋は「一見さんお断り!」なのです。
お茶屋で舞妓ハンと野球拳がしたい!!
その強い思いだけで仕事を死に物狂いで頑張って、念願の舞妓遊びデビューをするのだが…
みたいな感じです。

とにかく展開が早くて飽きない感じです。
いろいろな所に笑いが散らばっていて、さすがクドカン作品って感じです。
阿部サダヲさんはとにかくハイテンション、面白いです
ライバル役の堤真一さんも、三丁目の夕日の時のように、とにかく豪快でイイ味出してます。
柴崎コウちゃんの舞妓姿はもちろんキレイなんですが、元の顔の作りがしっかりし過ぎているのか、ちょっとキツイ人に見えました。
けど小出早織ちゃんの舞妓姿がホントカワイイ
ほんわかしてる感じで、自分のイメージするステキな舞妓さんって感じでした

あと、この映画ではホントいろんな人が出てます。
京野ことみ酒井若菜北村一輝山田孝之Mrオクレバナナマン日村
他にも有名な人が多数出てます。
脇役的に出てる人が多いので注意して見ていないと、見逃してしまいます
京野ことみ、酒井若菜は見終わってからオフィシャルサイトを見て判ったくらいです。

あとビックリしたのは亡き植木等さんも出てました。
時期的にこの作品が遺作になるのかな?
エンドロールが終わった後に植木さん宛のメッセージが出るので見てみてください。

細かい事は気にせずに、単純に笑いたい人にはお勧めの映画だと思います♪
自分的にはかなり面白かったです


2007-06-19 20:47  nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「300(スリーハンドレッド)」 [洋画・その他]

 

300(スリーハンドレッド)

300(スリーハンドレッド)

  • 作者: フランク ミラー
  • 出版社/メーカー: 小学館プロダクション
  • 発売日: 2007/05/18
  • メディア: 単行本

「300(スリーハンドレッド)」見てきました。
今月は面白そうな映画がたくさんありますね。
「舞妓 Haaaan!!」「キサラギ」「ゾディアック」「ダイハード4.0」
次々に始まるので、時間があれば見に行っておかないと見逃してしまいそうです。

「300」の内容なんですが、色々な方がブログ等で書いてあるとおりで、確かにストーリーとしてはちょっと薄い感じなのかも?
ストーリー的にはCMで流れている予告編を見ればだいたいそんなものです。
100万のペルシャ帝国軍がスパルタへ攻めてきて、対するスパルタ軍はわずか300人。
普通ムリでしょ~!!って思うかもしれませんが、スパルタ教育という言葉のとおりなのか?
スパルタの戦士達は幼い頃からビッシビシ鍛えられているんです
その300人の戦士でどう戦うのか?みたいな感じです。

けどこの映画のすごかったのは、とにかく戦闘シーンの迫力
そしてスパルタの戦士の強さすごい筋肉
バッサバッサと敵を倒していきます。
映像がセピア調な感じで、不思議な感じがします。
ものすごい数の人が死ぬわけですが、なぜか汚い感じがしません。
映像がキレイだからなのかな?
この映画は後でDVDで見ても、迫力とかなくなっちゃうし、見たい人は是非映画館で見る事をお勧めします。
スパルタの戦士の強さに爽快感を感じますよ

やっぱ男は国、妻、子供…守るべきものの為に戦わなきゃいけないんだ。
けど今の自分には何も守るものなんてないな~とか、ちょっと悲しくなってしまいました


2007-06-11 01:17  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「プレステージ」 [洋画・その他]

「プレステージ」見てきました。
予告編を見て面白そうだと思ってたので、初日に見ました。
レイトショーでしたが、けっこう人は入ってましたね。

監督は「バットマン ビギンズ」クリストファー・ノーラン
キャストは「X-MEN」「ヴァンヘルシング」ヒュー・ジャックマン
「バットマン・ビギンズ」クリスチャン・ベール
「アイランド」「ブラック・ダリア」
スカーレット・ヨハンソン

後で知ったんですが、ちょっと懐かしいデビット・ボウイも出てました。

内容は、19世紀末のロンドンが舞台です。
マジシャンのアンジャー(ヒュー・ジャックマン)ボーデン(クリスチャン・ベール)は、まだ売れていない頃、中堅どころの手品師ミルトンの元で一緒に修行をしていた。
しかしあるショーの時、水中脱出のマジックの最中、アシスタント役のジュリー(アンジャーの妻)が脱出に失敗し死亡してしまう。
事故の原因をボーデンが結んだロープが原因だと疑ったアンジャーはボーデンを深く憎み、そこから復讐が復讐を生む争いに展開していく。。。
こんな感じでしょうか。

映画の冒頭で
「この映画の結末は決して誰にも言わないでください。」
               クリストファー・ノーラン監督
とメッセージが出ます。

そんなにすごい結末なのか~と期待は高まります
話しの展開は、回想シーンと現在で頻繁に入れ替わるので、集中して見ていないとわからくなってしまいそうです。
しかし話が進んでいくうちに、前に見て??だったシーンもわかってきて、話にドンドンと引き込まれてしまいます。
あと途中から出てくるスカーレット・ヨハンソンはすごいキレイです

徐々に謎が解けていくというか、そんな展開で、自分はすごい好きな展開です♪
エンディングに向けて、さらに謎は深まっていき、自分でもこうじゃないかな?って予想して見てたんですが、ラストは予想外でかなり驚きでした
言わないで!と言われると言いたくなるものですが、是非見て確認してください
なかなか面白い映画だと思いますよ~。


2007-06-10 02:32  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「大日本人」 [邦画]

「大日本人」早速見てきました
ストーリーはあってないようなもので、書くとほとんどネタバレみたくなってしまうので、ホント簡単に書きます。
普段は平凡に暮らしている大佐藤(松ちゃん)は、実は”大日本人”としての仕事をもってぃた。
その仕事とは防衛庁から不定期に依頼される仕事であるが、しだいに”大日本人”に対する世間の風当たりは強くなっていく。。。
こんな感じでしょうか??
”大日本人”って何と思ってる方が多いと思いますが、ホント”大日本人”なんです
言ってしまうといけないので、楽しみに見てみて確認してください。
展開はとにかく斬新な展開です。
全く次が読めません。
さすが松本ワールドってとこなんでしょうか。
ヒーローもの?コメディー??
けどコメディーの割には爆笑する箇所は少なかったような
カンヌでは大絶賛だったみたいですが、日本ではどうかな~
相当好き嫌いが別れるような…
上映が終わって、普通の映画だったら「面白かったね~」とか「つまらなかったね~」とか
周りから聞こえてくるものですが、みんなポカーンとしたような感じでした。
そこがある意味すごいのかも?
色々な人がちょい役で出てるので、ちゃんと予習をしておけばもっと楽しめたかな?
 
大日本人オフィシャルガイド

大日本人オフィシャルガイド

  • 作者: 日経エンタテインメント!
  • 出版社/メーカー: 日経BP出版センター
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: ムック


2007-06-04 01:16  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「スパイダーマン3」 [洋画・その他]

スパイダーマン3

スパイダーマン3

  • アーティスト: サントラ, スノウ・パトロール, ザ・キラーズ, ヤー・ヤー・ヤーズ, ウルフマザー, ビートステークス, ザ・ウォークメン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/05/02
  • メディア: CD

「スパイダーマン3」やっと見てきました
公開からちょっと経ってしまったので、内容については今更言うまでもありませんね。
人によって好みがあると思いますが、自分的にはかなり好きです
ものすごく制作費とかかかってそうだし、いかにもハリウッド映画って感じがいいです♪
1作目からそうですが、クモの糸?を使って、ビルの間を凄いスピードでビュンビュンすり抜けていく映像なんて、ジェットコースターにでも乗っている気分になります。
今回は内容も盛りだくさん。飽きの来ない展開で忙しいです。
恋人のMJとの恋の行方、砂の巨人、親友との対決などなど…
ちょっと積めこみ過ぎじゃないか?と思うくらいです。

見るなら絶対に映画館をお勧めします

ふと昔を思い出したんですが、東映の特撮ものでテレビシリーズの「スパイダーマン」があったのを皆さん知ってました?
なにしろ幼い記憶なのですが、当時としては画期的な特撮だったような…
スパイダーマンなのになぜか巨大ロボが出て来たりするんです。

http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/spiderman.html


今回の3は、砂の巨人が出てくるシーンがあるんですが、あのロボを呼べばいいのに!なんてくだらない事を考えてしまいました
当然今見れば、かなりチープな内容なのかもしれないんですが、すごく見たい!!
ちょっと調べたら最近になってDVDボックスが出たみたいですね。
けど4万円近くするなんて高っ!
CSのファミリー劇場あたりでやらないかな?

スパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOX

スパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2005/12/09
  • メディア: DVD


2007-05-22 23:09  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。